映画事業(関西宣伝)​

 

映画事業(プロデュース)​

 

映画事業(映画作品など宣伝事業のプロモーション・取引企業)​

 

​読売テレビ、ABC放送、MBS、関西テレビ、NHK、KBS京都放送、サンテレビ、テレビ大阪、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、産経新聞、日本経済新聞、大阪日日新聞、京都新聞、神戸新聞、FM 802、FM OH!、MBSラジオ、ABCラジオ、ラジオ大阪、KBSラジオ、e-radio、Meets Regional、SAVVY、関西ウォーカー、Leaf、キネマ旬報、Lmaga.jp、ウォーカープラス、SPICE、ナタリー、ototoy、ほか

 
  【映画宣伝作品(関西)】

●日本アカデミー賞最優秀脚本賞・女優賞:『百円の恋』

●米国アカデミー賞主演男優賞・助演男優賞:『ダラス・バイヤーズクラブ』

●米国アカデミー賞外国語映画賞】:『イーダ』

●米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞:​『バックコーラスの歌姫たち』​​

●主な日本映画宣伝作品

『きみの鳥はうたえる』

『教誨師』

​『名前』

『南瓜とマヨネーズ』

『おじいちゃん、死んじゃったって。』

『PARKS パークス』

『しゃぼん玉』

『はらはらなのか』

『古都』

『14の夜』

『私たちのハァハァ』

『あん』

『白河夜船』

『おんなのこきらい』

『ワンダフルワールドエンド』

『世界の終わりのいずこねこ』

『花とアリス殺人事件』(協力)

『劇場版BiSキャノンボール2014』(協力)

『劇場版テレクラキャノンボール2013』

『ミロクローゼ』
『こっぴどい猫』
『009 RE:CYBORG』
『先生を流産させる会』
『アニメ師・杉井ギサブロー』
『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』
『NINIFUNI』
『サウダーヂ』
『トーキョードリフター』
『自分の事ばかりで情けなくなるよ』
『Fly Me to Minami 恋するミナミ』

『地獄でなぜ悪い』

『Playback』

『リトル・マエストラ』

『ももいろそらを』

『ぼんとリンちゃん』

『フラッシュバックメモリーズ 3D』

『ゲキ×シネ 髑髏城の七人』

『太秦ライムライト』

『アイドル・イズ・デッド ノンちゃんのプロパガンダ大戦争』

『ヌイグルマーZ』
『ソウルフラワートレイン』

『天使突抜六丁目』

『YOYOCHU SEXと代々木忠の世界』

『海炭市叙景』

ほか

●主な外国映画宣伝作品

『ジュリアン』

『判決、ふたつの希望』

『パターソン』

『ギミー・シェルター』

『スウィート17モンスター』

『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』

『人類遺産』

​『おとなの事情』

『イレブン・ミニッツ』

『カルフォルニア・ドールズ』

『恐怖分子』
『天国の門 デジタル修復完全版』
『セデック・バレ』

『FRANK フランク』

『フランシス・ハ』

『リアリティのダンス』

『ホドロフスキーのDUNE』

『マチェーテ・キルズ』
『サヴァイヴィングライフ』
『スーパー!』
『エッセンシャル・キリング』
『極悪レミー』

『シーズンズ 2万年の地球旅行』

​ほか